【AWS】VPCとは?

VPCとは?

 

VPCのメリット

  • 同一リージョン上の複数AZに跨って作成することができる仮想ネットワーク
  • AWSでシステム構築する上で通信経路を制限する仮想ネットワーク
  • VPC内部にサブネットを作成することができる
  • WEBアプリシステムの単位で利用される場合が多い
  • 各AZに作成されたサブネットを束ねる仮想ネットワーク

 

サブネットとは

  • サブネットはVPCを細かく区切ったネットワーク
  • サブネットを必ず1つのAZの中に作られ、複数のAZに跨るようなサブネットを作ることはできません
  • サブネットは1つのAZに複数作成することができる
  • サブネットではネットワークALCを用いてアクセス制御する

 

VPCの制限

  • VPCは同一リージョン内でしか作成できない。
  • VPCはリージョンをまたがって作成することはできない。

 

VPCで何ができる?

  • VPCは複数のAZに跨って作成することができる
    • 何がいいの?
      • AZ(データセンター)間の冗長化ができる
      • AZ1がダウンした場合にAZ2のサーバにフェールオーバーできる
  • VPC内にサブネット入れることができる
    • サブネットをまとめて管理することができる
    • ルートテーブルを利用を利用して、プライベートサブネット、パブリックサブネットの使い分けができる
  • インターネットゲートウェイを作成して、インターネットにアクセスができる。

 

ルートテーブルとは

  • サブネット内に設置するルーティングテーブルのこと。
  • AWSではルートテーブルを作成し、サブネットに関連づけ、VPCにアタッチして利用する
  • AWSではルートテーブルを作成し、サブネットに関連付けると暗黙的にルーターが作成される

 

リージョンとは

  • 地域のこと

どのようなリージョンがあるか

アベイラビリティゾーン(AZ)

  • 独立したデータセンター

東京リージョンにはどのようなAZがあるか

 

タグ検索

以上

おすすめの記事